読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士女子の来し方行く末

東京で働く会計士♀です。野心となげやりのあいだ。

スポンサーリンク

最近のこと…③きれいになった(前期比当社調べ)

前々回、前回のエントリで「自分、こんなところが最近かわったー」ということで、①食事作りは無理しない、②明るくなった、という変化を書き書きしました。
今日は異論反論は認めないスタンス(!)の
 
③きれいになった(←前期比@当社調べ)
 
について!!!(図々しい!!笑
 
…自分で書いてて恥ずかしくないわけではないです。。

 

私自身は特段顔がいいわけではないです。たまーに褒められることがあっても数ヶ月に一度くらい、社交辞令的なお情けではそういった言葉をかけられることもある、程度。
母親は「アンタかわいい顔してるわよ」と言いますが、親っちゅーもんはみんな自分の子供がかわいいの!そーゆーもんなの!!と、なぜか娘が諭す始末。言わせないで!!!!
 
それが最近、綺麗になったとか、美人とかいった類のお言葉をいただく機会が少し増えました。褒めてもらえるのは顔だけじゃなくて全体的な雰囲気とか。

年明けくらいから、

 
     「きれいになった」
       !!*(^o^)/* そ、そうかな?
 
とか、
 
     「そんな顔だったっけ」
       (´・ω・;) 。。え?
      「顔変わった?いやいやイイ意味で!」
        (´・ω・;)。。フォロー?…
 
とか、
 
      「整形した?」
       ……il||li(´・ω・il)il||li
 
とか、
 
 
言われるように、、なり…ました…。。(ほ、褒め言葉よね。。?)
※どこもいじっていません。
 
まいいや笑
自分でも、印象変わった気がする。人間の体なんてむくんだり寝不足とかしたりするから、日替わりで顔の印象違うのはある程度当たり前なんだけど、それでも前より良い塩梅になったな、と思います。表情が良くなったし、髪も少しツヤが増しました。
 
一体何が功を奏したかは正確にはわかりませんが、意識的に気をつけたこと、変わったところは、
 
◼︎メイクを少し変えた
◼︎カリカリしなくなった
◼︎所作をゆっくりにした
◼︎会話するとき、あまり自分のことを話さず、聞き手に回る割合を増やした

↑多分この辺かと思います。
 
まず、口紅をきちんとするというか、マメに直すようになりました。カサついた口元と、テカテカし過ぎず適度にしっとりと整えられた口元では、鏡で見たときに歴然の差です。きっちりした社会人の女性って感じがします。それから顔のサイド部分に軽〜くシェーディングを入れて調整。
 
でも、多分いちばん大きいのは内面。明るさやおおらかさが自分の中に少しずつ広がってきた感じ…かなぁ。。昨年末に一仕事終えてホッとしたのが大きいかも。
必ずしもいつもニコニコできるわけじゃないけど、人前でカリカリした表情をしなくなったことが大きいです。いくら仕事が立て込んでても、余裕なさをを出してしまうと、かえって自分が疲れちゃう。
 
褒められるときって、顔だけじゃなくて、全体的な美しさ、というニュアンスで褒めてくれる人もいるんですが、ゆっくり動く'自分自分アピール'しないっていうのも大きいのかなぁと思ったりしてます。
私は「落ち着きがない」的な感じ的なニュアンスでいじられることが結構あるのですが、仕事ではそれが嫌で、大人の落ち着き?を身につけたくて。例えば、早足でバタバタ移動すると思考にも落ち着きがなくなり、速いようで逆にパフォーマンスが落ちるんじゃないか、とか、そもそも仕事目的で「背筋を伸ばしてゆっくり丁寧に動く」を実践していたのですが、個人的にはこういう「形から入る」系の克己は比較的効果が出やすい気がしています。男性なら堂々とした、女性なら落ち着いてしっとりした雰囲気が醸し出されるのではないかと笑
あと、自分のことをペラペラ話すのも品が良いことではない気がしていて、あまりしなくなりました。。
というか、口数は多いものの元々自分からネタを振るのは得意ってわけではないので、相手が喋らない人だからとこちらから口火を切らなきゃ!と無理をしない(何かしら会話が続かないと気まずいって思ってしまったりする方、多いのではないでしょうか)。逆に話したがりの人がいる時は、思う存分勝手に喋って貰えばいいや、と思うようになりました笑
(女性の方がおしゃべりって本当かな?私の実感だと、男性のがよっぽど口数多い気がするんだけど…男性ってよく喋るなぁ…と思う。男社会で働いているからかな。悪いことではなくて、むしろ良いことだけど)
 
 
********************
 
…と、こんな感じで「きれいになった」というより印象操作まがいのことをしているわけですが。
周りからお褒めの言葉をいただくことが多くなったことも嬉しくないわけではないです。
 
 
でも、私にとってこの事実が意味を持つのは、
 
     人間はいくつになっても変われる
     変わりたいと思えば変われる
      (根気が要るけれど)
 
ということを実感できたからなのです。
 
日々の生活の中では、「なんで自分は変われないんだろう(;_;)」とか、「今までだって何百回変わろうとして変われなかったんだから、きっと今回だってダメに決まってる(;_;)」と、自分に失望することが多いです。
だから、少しの努力というか工夫をすることで変化を起こせる、というのは小さな自信・楽しみになるのだなぁと感じたわけであります。とはいえ、まだまだ変われないところがいっぱいあるので、昨日よりも今日、今日よりも明日、より良い自分にシフトしけたらいいな。
スポンサーリンク