読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士女子の来し方行く末

東京で働く会計士♀です。野心となげやりのあいだ。

スポンサーリンク

初めての出張買取。ときめかない(?)本を売りました。

私はマンガやファッション雑誌などのライトなものから小説、学術書まで幅広いジャンルで節操無く読みます。購入するのは新品のこともあるし、最近はブックオフAmazonで中古の本を購入することも多くなりました。仕事や趣味でなかなか時間が取れなくなり、学生時代よりもだいぶ読む冊数は減りましたが、どうしても本棚が溢れてきてしまいます。要らない本はブックオフで売ることもあったのですが、本自体持っていくのも重いし面倒なので、資源ごみへ…っていうことが基本パターン汗
 
ただ、今回は捨てちゃうと勿体ないかな・・・っていうもの大量にあったので、初めて出張買取なるものにトライしてみました。ものは試しです!

 

対象業者に選んだのは、買取金額30%UPのクーポンがあったネットオフ。ブックオフのネット版ですね。少し前にこちらで中古本を購入した際にクーポンがついてきたので、こちらにお願いしました。
 
【今回買取りに出した本】
  ・コミック「銀魂」18冊
  ・コミック「NANA」1~21巻
  ・コミック「あさきゆめみし」全7巻
  ・中国語の勉強の本、3冊
  ・財務会計に関する学術書、1冊
  ・ゲームソフト 10本位?
  ・音楽CD、1枚
  ・英語のオーディオブックCD、1枚
 
状態は、新品とはいえないものの、Amazon的に言うと「可」と「良品」の間くらいでしょうか(謙虚に言ってみます・・・)。
 
■ネットで申し込み(8月23日(日))
 
必要なものではあるとはいえ、個人情報の登録というのは本当に面倒です(ー ー;)
買取代金の受取方法等の指定もこちらでします。今回は銀行口座への振込みで指定しました。
 
■郵便で配達されるダンボールを受け取り(8月26日(水))
 f:id:kaya_2120313:20150908192857j:image
申し込みの際に無料で希望の数だけダンボールがもらえます。折り畳まれた形で、思ったより小さいサイズで郵送されてきました。A4サイズ二つ分くらいかな?
今の時期は比較的早く帰れるので夜に再配達の時間指定で受け取りましたが、早く帰れない時期は土日になっちゃうよね…ちょっと面倒。
 
■本を詰め、身分証明書(免許証のコピー)を入れる
f:id:kaya_2120313:20150908184349j:image
ダンボールは2箱いただきましたが、1箱で足りちゃいました。こちらに免許証等の身分証明書のコピーを入れます。
 
■申し込み時に指定していた日時に、ダンボールの受け渡し(8月29日(土)・・・ここまで6日)
f:id:kaya_2120313:20150908183956j:image
土曜日の午前中に配達屋さんがダンボールをとりに来てくれて、お渡ししました。持って行かれ方がアッサリし過ぎて不安になりました(´・ω・`)
 
■ネットオフより商品到着した旨の連絡(8月30日(日)・・・ここまで7日)
 
・・・以上。これだけ。
確かに家にいる時間があまりない人にとっては、ちょっとの時間でも拘束されるのは面倒かもしれませんが、2回目以降は個人情報の入力も身分証明書のコピーも入れる必要がないので、慣れれば楽だと思います。
 
■査定金額の連絡(9月8日(火)・・・ここまで16日)
 
商品到着の連絡から8~10日以内ということだったので、ちょうどその位ですね。申し込みから思ったより日数がかかります(店頭に持って行けば10~15分待つか待たないかだもの)。さきほど入金を確認したら、まだでした。。明日くらいになるのかな。
 
では、今回のお買取金額は・・・
 
   2,256円也!!
 
う~~ん…買取金額30%UPのキャンペーンコードを利用してこの金額ですから、実質的な金額としては÷1.3をして、1,735円。
 
個々の商品の買取金額まではわからないので、何をいくらで買ってもらえたのかは不明ですし、送料等についてもさりげなく差っ引かれているのかも知れません(人の手がかかっているのだから当然といえば当然?実店舗のショバ代がかからない分とどちらがメリット大きいのだろうね・・・)。
 
 
ランチ2~3回分のお金がもらえて、部屋がスッキリするのですから、ま、良しとしましょう!人間、細かいことにこだわり過ぎないのが幸せに生きるコツだと思います!!(←無理矢理まとめた感)
 
 
 
★おまけ★
 
私の本を処分する基準↓
 
・読了し、満足した本
・読了し、再度読みたくなるかもしれないけれど、今後も入手しやすそうな本
・読了していないが、積読になって久しく、きっと今後も読みたくはならない本
 
本って、読みたいと思ったときに、買ってすぐ読むのが一番鮮度が高い状態だと思うので、読み終わってなくても既にその時点で魅力を感じなければ思い切って売ってしまいます。勿体無いけれど、本は買ったから、っていう理由で読む物でもないと思うし、無理して読む物でもないと思うから。こんまりさん流に言うと、ときめかないっていうのかな。
 
ケロロ軍曹がイイことを言っていました。確かこんな内容。
大掃除のときに、冬樹君が「この本は読み終わってないんだよね・・・これからまだ読むかもしれないし・・・」って処分するか悩むんですよ。そこでケロロ軍曹
 
古い本があると、よりステキな新しい本との出会いを逃してしまうかもしれない!
 
っていうようなことを言うのです。カエルのくせにイイこと言いやがって(´д`)クッ…みたいな)
 
 
え、私ですか?
いっぱいありますよ?積読!キリッ
 
 
スポンサーリンク