読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士女子の来し方行く末

東京で働く会計士♀です。野心となげやりのあいだ。

スポンサーリンク

口紅を纏うのはオトナの証し?

ここ半年位でメイクの仕方を少し変えました。

 
①口紅をつけること
②アイライナーは薄いブラウン
③アイシャドウは1色が2色
コンシーラーは薄めに

 

f:id:kaya_2120313:20150822235851j:image
 
こうやって変えたのは徐々になのですが、なんとなくそれまでのメイクがなんだか若すぎる気がして、落ち着きのあるオトナのメイクをしたくなって。
艶とか質感とか、ニュアンスで魅せるメイク的なものが笑、したくなったのです。
 
いままでダークブラウンの濃いアイライナーを使っていたのを薄めのブラウンにして、すこしでもギャルギャルした要素を排除。
アイシャドウも4色パレット全色使っていたのを、艶出しのためのホワイトのパールカラー&薄いチャコールグレーのみに留めるように。
コンシーラーもべったり使ってクマを隠そうとしすぎずに、ある程度クマが残っていても自然な素肌感を出すようにしました。
全体的に薄〜く薄〜く、を目指しています。
 
 
でも、私にとってすごく大きな変化は、口紅をつけるようにしたことです。
あまり好きじゃなかったのですよね、口紅とかグロスとか。ベタベタしてホコリがつきそうだし、飲み物飲むたびに口をつけた部分にべったりついちゃう。とくにグロスのテカテカ感が苦手でした。
だからたまにつけてもパーティーの時位。何度チャレンジしてもギブアップしちゃってました。普段は近江製薬のリップクリーム(ダークグリーンの安いやつね!)をつけるのみで…。
 
でもある時に、それまで2年くらい通っていた美容室を変えたのです。その時に新しい美容師さんにメイクの仕方もちょっとアドバイスをいただいたのですが、
 
 「あなたはアイブローとリップはしっかりしたほうがいいわね!」(※男性です笑)
 
と言われまして。
それから口紅をいつもするようになったのですが、やっぱりリップに手をかけるとフォーマル感というかオトナな雰囲気が出るものだなぁ…と。仕事でいつも着るスーツに合った顔になりました。新しい発見でした。
そして口紅をつけると、取れないように仕事中の間食が減るという相乗効果も!笑
ただ、口紅ってとっても顔の色を選ぶ。それからアイシャドウの色にも合う合わないがあります。(ラベンダー系のピンクのシャドウにクリアなレッドは合わないし。。)
だから私は自分の顔の色味に合った3本を用意。使い心地が気に入っているので全部REVLONのリップで揃えています。いまのところは十分なのでこれ以上増やす予定はありません。
 
メイクっていうのは年齢や環境、心境の変化でどんどん変わるんだなーと思ったし、どうやったら自分らしさを引き立てて、そして自分らしくいられるようにしてくれるかを考えないといけないなって思いました(・ω・)
 
もっとリップ上手になりたいな♪
 
スポンサーリンク